2014年07月05日

歯美白有効な方法

テトラサイクリンはオーレオマイシン触媒脱ハロゲン生合成の抗生物質、低毒性、早く1948年、に使われ始めて臨床。1950年、海外報道テトラサイクリン歯薬による着色族、その後また続報テトラサイクリン歯、骨格の堆積は甚だしきに至っては爪など、また琺瑯質発育不全を起こす。この方面で、国内では70年代半ばまで側に注意。歯と歯牙釉质発育に、本質は1階の両側同時基底膜形成し始めて、このとき、薬を服用したテトラサイクリン類、薬が体内に入るとは歯の本質と牙釉质形成層に黄色で、歯の本質の堆積物よりも高い琺瑯質に4倍。また、黄色層波を打つよう帽状、歯の形と大体一緻。だから全体の歯が色を変えて。最初は歯が黄色、日差しが明るい黄色蛍光からしだいに黄色から銅色やダークグレー、この色の変化はゆっくりと行った、日光が促進作用。また、テトラサイクリン類薬に影響することができるだけではなく乳幼児期の発育の永久歯アイボリー、また妊婦や薬を服用すれば、より胎盤影響胎児期発育の乳歯アイボリー。歯の発育期に服用したテトラサイクリン族薬、例えばテトラサイクリン、テラマイシンなどによる内因性色素瀋着、歯に黄灰色と呼ばれるテトラサイクリン歯、染色。多くの研究は、服用テトラサイクリン後、約10%排出しない、主に堆積して骨格と歯の中で主に堆積して、ホワイトニング照射器歯歯本質内で、牙釉质に堆積物が少なく、堆積物は一種のテトラサイクリン手(チョキ)リン酸カルシウム化合物を持って、薄い黄色蛍光、日の光の中で紫外線の作用の下で、次第には黄色がシュロの黄色やシュロのグレー、薬の量が大きいほど変色が重いほど、投薬時間が長ければ長いほど牙冠変色範囲が広い。臨床の態度:患者やその母乳幼児期で妊娠期、服用テトラサイクリン族薬の既往歴。
posted by smileden at 12:05| Comment(0) | 健康日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。