2014年07月07日

消炎止血作用の薬物

それは適量のフッ化物加入歯磨きでは虫歯を予防する機能の一種類の練り歯磨き。大量の証明を研究して、フッ素を歯の錆能力を力強く抱負を述べ、抑えて細菌の生長の繁殖。正常な口腔環境でも一定量のフッ素存在だが、その濃度が十分でない以上変化を引き起こす。フッ素の練り歯磨きをくわえて使用するのは安全の範囲内で増加口腔局部のフッ素、歯の表面を形成する強力な保護層光照射器 歯科、虫歯が減った。
児童によって存在嚥下歯磨きの場合、3歳以下の児童は使用を避けてフッ素の練り歯磨きをくわえます;4~6歳の子供は大人の指導の下に使い光照射器、毎回歯磨き使用量はダイズ粒の大きさ。二、薬草の練り歯磨き:
薬草歯磨きは普通の練り歯磨きの基礎を添えたいくつかの薬草を持って、解熱解毒、消炎止血作用の薬物を緩和歯ぐきの炎症がきっと補助作用。
posted by smileden at 16:40| Comment(0) | 健康日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。